<< 太陽絡み      早朝のD-ポイント >>
EF100-400mmで写すB747×4機
土曜日は新しく導入したエアバンド受信機「VR-160試聴会」にHNDへ。
首都高の渋滞にハマって約3時間弱かかって(ありえん・・・)やっとのことでHNDに到着。2タミで昼食をとってから城南島へ移動しました。
そこで既にVR-160の試聴&撮影を開始されていたSー氏&Ka氏と合流。家族でお世話になりました。色々とありがとうございました(^^)
そんな訳で天気はちょっとイマイチでしたが、楽しい試聴&撮影会・・・いや販促活動会(笑)となりました。

ゴーヨンを販促品として提供している間、コチラにも販促品 EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM が・・・ハイ、しっかりと販促されましたよ(笑)。
今回はそのお借りしたレンズで試写した14時~15時にかけて次々と降りてきた4機のB747です。
a0145727_22392079.jpg
# Canon EOS-1D MarkⅢ  EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM  城南島(2010.5.22)
【14:47 JA8904】
たびたび記事中でも欲しいなぁ~を連発している100-400ですが、なんといってもズームによって画角が自由自在なのが魅力ですね。
それを実践すべく、機体全体をきちんと画角内に収めつつ、理想のアングルで撮ってみるというのがテーマでした。



a0145727_22394518.jpg
# Canon EOS-1D MarkⅢ  EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM  城南島(2010.5.22)
【14:52 JA8921】
単焦点で撮影していると、この角度だ!という時には、既にフレームアウトしてしまっているなんてパターンも多いです。
しかし、ズームなら便利(当たり前です)。特に便によって旋回コースが異なるこの状況ではとてもチャンスに強いです(^^)

a0145727_22401316.jpg
# Canon EOS-1D MarkⅢ  EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM  城南島(2010.5.22)
【15:03 JA8908】
ずっとファインダーで追いながら望遠側から広角側へとズームさせていきますが、直進式ズームというのは使いやすいですね。
とはいえ、このカットはズームに気を取られたのかちょっとフレーミングに失敗。画面下側に寄ってしまいました(^^;
そういえばEOS650を使っていたときにこんな直進式ズームのレンズを使っていたのを思い出しましたよ。

a0145727_22403727.jpg
# Canon EOS-1D MarkⅢ  EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM  城南島(2010.5.22)
【15:19 JA8964】
自分の現状の機材で上記4枚のアングルのカットを撮ろうとするならば
 300mm + 1.4×
 300mm
 70-200mm
の組み合わせパターンが必要となるでしょう。当然、1機に対して狙えるシーンも限られてしまいます。
もちろん描写優先でガツンと単で狙う場合が圧倒的に多いかもしれませんが、こういうズームはやはりあっても損はないと改めて思いました。
いつも同じところに飛んでくる訳ではない飛行機相手には、とにかくチャンスに強いといえるでしょう。
また地上風景を入れた時にもしっかりとフレーミングできますしね(^^)
あとは機材もコンパクトにできます(ちょっと感覚が鈍ってるかも・・・)。とりあえず24-105mmと2本でお出掛けもOKですね。

という訳でますます欲しくなってしまったこのレンズですが、あえて問題点を挙げるとすれば「私に資金が無いこと」です(爆)。
一体いつになったら導入できるのでしょうか・・・(^^;
 
[PR]

by dg-3010 | 2010-05-24 18:40 | 羽田空港 - HND


<< 太陽絡み      早朝のD-ポイント >>