<< 久々のHND飛行機撮影      秩父鉄道といえば >>
影森駅周辺にて
秩父鉄道編、最後の記事です。時間が前後してしまいましたが・・・
前記事の野上駅で貨物列車を撮る前に、三峰口から折り返してきたSLパレオエクスプレスも一応撮影をしておりました(^^;
a0145727_2253269.jpg
# Canon EOS 5D MarkⅡ  EF70-200mm F4L IS USM  影森駅周辺(2010.7.10)

よくここで撮影された写真を見かけますので、有名なポイントなんだと思います。同業者も数名居ましたし。
煙も期待したのですが・・・写真を見ての通り、ちょっぴり寂しい結果となってしまいました。SLの写真はこういう部分も難しいポイントですね。

で、SLの話は簡単に終わらせて(笑)、またまた秩父鉄道といえば貨物!影森といえば・・・



SLを撮影した陸橋の所に三輪線と呼ばれる構外側線(貨物専用線)があるんです。秩父太平洋セメント三輪鉱業所へ続いている線路です。
私はこの場所の雰囲気が大好きなんです。ハッキリいってココを見たいがためにやって来て、そのついでのSL撮影だった訳でして・・・(^^;
今回訪れたのは休日とあって鉱業所もお休みで、この貨物線を走行する貨物列車は見れませんでしたが、おまけで載せておきます。
a0145727_22571917.jpg
# Canon EOS 5D MarkⅡ  EF24-105mm F4L IS USM  三輪線(2010.7.10)

SLの撮影ポイントのすぐ脇の所から、影森駅方面を見たカットです。
奥に見える線路が本線で、手前の急勾配の線路がその構外側線(貨物専用線)です。ココを貨物列車が昇ってきます。

a0145727_2254444.jpg
# Canon EOS 5D MarkⅡ  EF24-105mm F4L IS USM  三輪線(2010.7.10)

前のカットの場所から振り返ると、こんなカンジでカーブしながら線路が奥へと続いていきます。

a0145727_22542125.jpg
# Canon EOS 5D MarkⅡ  EF24-105mm F4L IS USM  三輪線(2010.7.10)

カーブした線路沿いの道を進んでいくと貨物線の終点、秩父太平洋セメント三輪鉱業所です。
ここで武甲山付近の石灰石を採掘して、貨物として出荷しているという訳です。
鉱業所に入るこの付近では、機関車の入替作業も見れるところです。(貨車に石灰石を積むホッパーの下は 架線がないのでDLで入換をする)

今回は見れなくて残念でしたが、「秩父鉄道 三輪線」でググるとYouTube動画とかが引っかかりますので、それを見て癒されました(笑)。
でも、やはりココを出入りする貨物列車をちゃんと自分で撮影をするために、またリベンジに行かないとなぁ(^^;
 
[PR]

by dg-3010 | 2010-07-17 22:00 | 鉄道


<< 久々のHND飛行機撮影      秩父鉄道といえば >>