<< MD-81      NRT夜撮 >>
羽田でオーアールゼット(orz=失意体前屈というらしい)
撮影の機会が少ないもんで、失敗談も記事ネタにしてしまう今日この頃です(笑)。
以前の記事「羽田でボウズ」の翌日の話ですが、まずは何か中途半端ともいえるビミョーな構図の写真を見てもらいましょう。
a0145727_0441993.jpg
# Canon EOS-1D MarkⅢ  EF70-200mm F2.8L IS II USM  第1ターミナル(2010.9.18)

9/18日のHND、R/W16へランチェンした直後。ちょうど夕日に照らされた所が綺麗だったので、当然狙いはソコに集中します。
赤く反射する地面&少しモヤっと霞む遠くの街並みを入れた構図で構えます。そこに運よくANAスタアラ機がやってきました。

イザ離陸滑走が始まりファインダー内に飛び込んでくるのを待ち構えていると、手前の誘導路に不意にやってきたのがJALのB747インター!
残り少なくなったB747の便は事前に調べてあったので「この時間に何で?」と思うと同時に、反射的にクロスする瞬間を捉えようと足掻く・・・。
文章で書くとこんなカンジですが、実際にはシャッターを切る直前の1~2秒の間の出来事です。
・・・で結果は「何が主題なの?」という何とも中途半端なカットが完成されたのでしたorz



a0145727_0453134.jpg
# Canon EOS-1D MarkⅢ  EF70-200mm F2.8L IS II USM  第1ターミナル(2010.9.18)

ちなみにこの出来事より前に、沖止めでそのインターのB747が駐機されているのは知っていました。
このカットを撮るときには「何か知らないけど、そのおかげで定期便のB747と絡められてラッキー♪」位に思っていました。
これが動いているのに全く気付いていなかったという訳です(^^;

a0145727_2035036.jpg
# Canon EOS-1D MarkⅢ  EF70-200mm F2.8L IS II USM *トリミング  第1ターミナル(2010.9.18)

話は戻って、気を取り直して先程手前の誘導路をタキシングしていったB747の離陸の順番がやってきました。
離陸の順番待ちの間にちょっと光が弱くなってしまったものの、「何か知らないけど、おかげで予定外のB747を撮れてラッキー♪」と(笑)。

今度こそはきちんと撮ろうとファインダー内に飛び込んでくるのを待ち構えていると、予想より遥か手前で上昇するではないですか!
「この位置でB747が上昇することなんて殆ど無いぞ」と思うと同時に、反射的にまたも足掻く・・・。
文章で書くとこんなカンジですが、実際にはシャッターを切る直前の1~2秒の間の出来事です(笑)。
・・・で結果は瞬間的にズームを引いて太陽を入れるも、「全くもって意味不明」という完全OUTなカットが完成されたのでしたorz
という訳であまりにもそのままでは見せられないので、このカットは横構図で撮ったのを縦構図に大幅にトリミングしたものです(爆)。

**********
結局、このB747は何だったろうと思い、後日ネットで調べてみると・・・
HND-GMPにいつも使われているJA8921が9/16にエンジントラブル発生。代替でこのJA8088が使われていたそうです。
そしてこの日、9/18にJA8921が復帰したため、JA8088はNRTに戻ることに。ちょうどそのHND→NRTの回送便だったようです。
そりゃあ行き先がすぐソコのNRTで、乗客無しの回送便とくれば軽い訳ですよね(^^;
しかしこういう詳しい事情に詳しい方々がたくさん居られて、後で調べられるとは良い時代だなぁ・・・。
 
[PR]

by dg-3010 | 2010-09-29 20:40 | 羽田空港 - HND


<< MD-81      NRT夜撮 >>