<< 6/25 束の間のベイパーSHOW①      N662US >>
6/25 束の間の晴天
天気予報&TAFとも雨の予報、深夜3時頃には雨が降り出した。
早朝のNRTは霧やベイパーが出るかもしれない。しかし寝不足状態、午後からの所用を考えると体力的にあまり無理は出来ない・・・諦めて就寝。
6時頃にいったん目が覚めた。外を見ると何故か青空!! 慌てて天気予報をチェックするとガラっと変わっているではないか。
念の為と機材は全て用意してあった。そのまま緊急出撃となった。車を走らせながらNRTにするか、それともHNDか・・・どちらにするか考える。
こういう時は首都高は見晴らしの良いC2を走るルートにしている。空を見ると西側HND方面は雲なしの青空、東側NRT方面は低く厚い雲だ・・・。
NRTとHNDへの行き先の分岐点である葛西JCTは右側へ。有明、城南島経由でHNDへと向かう。もちろん撮影時間もコチラの方が長く取れる。
a0145727_2218411.jpg
# EOS-1D MarkⅢ  EF24-105mm F4L IS USM *PL-Filter   空港周辺(2011.6.25)

・・・と、ダラダラと書きましたが、起きたときはビビりましたよ。てっきり雨かと思っていたんで(^^;
昔はこういう状況だとかなり焦ったものですが、実際のところは晴れ間があるうちに空港に着ければラッキーだなぁ♪位の感覚だったりします(笑)。

とはいえイザ現場に着いて、この青空を見たときに手にしたのは24-105mmにPLでした。
久々となる青空の下での撮影。無性に空を広く入れたくなったんです(^^)



a0145727_22183158.jpg
# EOS-1D MarkⅢ  EF70-200mm F2.8L IS II USM *PL-Filter   空港周辺(2011.6.25)

雲の流れは早く、離陸コースとの絡みはトラフィックの多いHNDでもワンチャンス。
そこへ塗り替えの初期の頃だけ限定で絶好の被写体(笑)の鶴丸が来ましたが、あー鶴が欠けてるし・・・orz
まだまだこのポイントも立ち位置が判ってないですね。
機種ごとのベストな角度やポジションは何となく見えたきた気がしますが、こうして雲があったりした場合など応用が効きません。
PLも効かせ具合が難しいですね。こうした撮影状況や撮影技術など全て含めて、飛行機写真の奥深さ・面白さでしょう(^^;

この後すぐに雲が湧いてきてしまい、風向きも変化してR/Wチェンジとなってしまいました。
梅雨の合間の貴重な青空でした。
 
[PR]

by dg-3010 | 2011-06-26 00:30 | 羽田空港 - HND


<< 6/25 束の間のベイパーSHOW①      N662US >>